高槻市摂津富田の歯医者|藤川歯科 TOP > 一般歯科

虫歯かも?と思ったら早めに治療を

虫歯は細菌感染によって引き起こされる病気です。原因菌である虫歯菌が食べかすに含まれる糖分をエサに酸を出し、その酸で歯が溶けます。自然治癒することはなく、治療しないまま放置しているといずれ歯を失ってしまいます。当院では、徹底的に虫歯治療を行うためにう触検知液を使用した虫歯検査を行っております。

虫歯になるメカニズム

段階1:ミュータンス菌などの虫歯菌が糖分をエサとして歯垢(プラーク)内で増殖していきます。
段階2:プラークの内部で、虫歯菌が酸を作りだします。
段階3:虫歯菌が作りだした酸が、歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。

虫歯の進行段階

段階 状態 治療法

C0(治療の必要がない虫歯)

エナメル質が少し溶けはじめます。歯の表面が白く濁っていますが、痛みは感じません。 正しい歯みがきやフッ素塗布で治癒することがあります。

C1(エナメル質の虫歯)

エナメル質がさらに溶け、表面が黒ずんできます。まだ痛みはありません。 患部を削り、詰め物をします。

C2(象牙質の虫歯)

エナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進行します。冷たいものや甘いものがしみます。 患部を削り、詰め物をします。

C3(神経の虫歯)

象牙質の奥の神経まで虫歯が進行します。何もしなくても激しい痛みを感じます。 根管治療を行います。神経を取り除いて消毒した後、被せ物をします。

C4(末期の虫歯)

歯の大部分が溶けてしまい、歯根だけが残った状態です。膿が出ることもあり、口臭も出てきます。 ほとんどの場合抜歯が必要です。抜歯後は入れ歯インプラントなどで歯を補います。

虫歯予防

虫歯はなってから、痛くなってから治療すればいいと考えている人は少なくないと思います。確かに虫歯を治療することで歯の機能を取り戻すことは可能ですが、治療を受けた歯は確実にダメージを受けるということを忘れてはいけません。そしてダメージが蓄積された歯は長持ちしないということも知っておきましょう。

「虫歯はなってから治療」というのはもう古い考えです。今は、虫歯はなる前に未然に防ぐ時代。何度も治療を重ねて、ダメージを受けた歯をなんとか維持させていくよりも、予防に力を入れて健康な歯を保っていくほうが、一生自分の歯を残せる可能性が高まるのです。

そのためには、虫歯の兆候を感じたらすぐに歯科医院に行くこと、定期検診を受けることがとても大切です。普段から虫歯予防を意識し、できるだけ治療を受けなくて済むように口腔内ケアを継続していきましょう。

予防歯科・メインテナンスはこちら

ページーの先頭へ戻る