高槻市摂津富田の歯医者|藤川歯科 TOP > インプラント治療

インプラントで再び噛める喜びを

インプラント治療とは、歯を失った箇所の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上からセラミック製の人工歯を取り付けて歯の本来の機能を回復する治療です。

直接顎の骨と結合するので、違和感がなく・本物の歯と同じようにものを噛むことができます。また、人工歯には審美性に優れたセラミックを使用するため、本物の歯と見分けが付かない見た目を再現できます。何らかの理由で歯を失ってしまってお困りの方は、お気軽にご相談ください。

インプラントのメリット

しっかり噛める

人工歯根が顎の骨に直接固定されるので、構造的には本物の歯と同じ状態です。しっかり噛むことができ、噛んだ時の違和感もありません。

自然な見た目

人工歯にはセラミックを使用するので、見た目は本物の歯と見分けがつきません。色調も調節できるので自然な仕上がりになります。

周囲の歯に負担がかからない

補綴治療として従来からある入れ歯は、固定するために周囲の歯に留め具をひっかけるので健康な歯に負担がかかりますが、インプラントではそのようなことはありません。

発音に影響がない

舌の動きを邪魔しないので正しく発音することができます。入れ歯で発音に問題が生じていた場合でも、インプラントに換えることで問題を解消できるのです。

精神的な負担が軽減

歯を失ったままの状態、目立つ入れ歯を装着している状態は精神的にストレスを感じます。インプラントを入れることでこれらのストレスから解放されます。

インプラント治療の流れ

診査・精密検査・治療計画
まずは虫歯や歯周病がないか口腔内をチェックし、CT、レントゲン・口腔内写真を撮って、顎の骨や噛み合わせ、全身の状態を模型を使って、診査します。それらの結果を合わせた上でインプラント治療の可否を判断、ドクター・技工士・インプラント専門士医で治療計画を立てていきます。

カウンセリング
治療内容・期間、注意点、治療後のケアなどインプラント治療に関してわかりやすくご説明いたします。疑問や質問などがありましたら、お気軽におたずねください。患者様の不安が解消し、理解・納得が得られてから治療を進めていきます。

1次治療
新梅田シティインプラントセンターにて、1次手術を行います。インプラント専門医が、患者様の骨質にもっとも適した人工歯根を選び、顎の骨に埋め込みます。

治療期間
人工歯根と顎の骨がしっかり固定されるまで、しばらく期間をおきます。骨の状態にもよりますが、通常では下顎で3か月、上顎で6か月程度かかります。この期間中は仮歯を使用できます。

2次治療
当院にて2次手術を行います。歯ぐきを切開し、人工歯根の上に「アバットメント」という人工歯との連結用器具を連結させ、歯ぐきの形を整えます。

治癒期間
口腔内の型を採って仮歯を作り、歯ぐきが治癒するまでの1~6週の間、その仮歯を付けて過ごします。

人工歯の作製・装着
歯ぐきの形が整ったら仮歯を外し、患者様の状態に合わせて作製した人工歯を装着します。

メンテナンス・定期検診
長くインプラントを使うためには、メンテナンスが欠かせません。3~6か月おきの定期検診をお勧めします。定期検診ではインプラントの状態をチェックしたり、ご自宅でのブラッシングを指導したりします。

治療後の注意点

インプラント治療後は、健康な歯を維持していくために以下のことに気を付けてください。

治療後の経過で

通常、治療完了後2週間程度で今までと同様に噛むことができます。しかし、人によってなかなか状態が安定せず、再手術が必要な場合もあります。違和感が残っている・続いているという場合は早めにご連絡をお願いします。

日常生活で

手術直後は、入浴・運動は控えてください。また、治療後しばらくは飲酒・喫煙も控えたほうが経過を良好に保つことができます。

食事において

治療後すぐに硬いものを食べたりせず、少しずつ慣らしながら食べるようにしてください。

インプラント周囲炎に注意

インプラントは虫歯になることはありませんが、インプラント周囲の組織(歯ぐきなど)は不適切なメンテナンスにより炎症を起こす可能性があります。いわばインプラントの歯周病で、これを「インプラント周囲炎」と言います。放置しておくとせっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまう場合もありますので、日々のケアを続けることはもちろん、定期検診は必ず受けましょう。

ページーの先頭へ戻る