高槻市摂津富田の歯医者|藤川歯科 TOP > 医院紹介・アクセス

  • 院長紹介
  • 医院概要
  • 院内案内
  • 設備紹介

医院紹介

院長紹介

藤川和久
藤川和久
略歴
1985年3月 大阪歯科大学 卒業
4月 名越歯科 勤務 名越弌彦先生に師事
1987年4月 名越歯科 副院長(就任)
2001年4月 名越歯科 院長  (就任)
2011年3月 藤川歯科 名越歯科から藤川歯科として移転開業
研修歴
歯周病・インプラント
1987,1988年 歯周病学世界的権威Lindhe教授臨床歯周病学
コース修了
1993,1995年
2007,2008年  
2013年
1989年   Nyman教授 歯周病学コース
1992年   Nevins先生 歯周・補綴・インプラントコース
1988年   Bronemark Implant systemコース
1991年   U.C.L.A インプラント科
咬合・顎関節症
1987年 P.E.Dawson先生 咬合再構成治療コース
1987年 F.Mongini教授  顎関節症コース
1991年 J.Haden先生   顎関節症コース
1992年 Okeson教授   顎関節症コース・咬合コース
1995年 Terry T.Tanaka先生  T・M・Dコース
1988年 H.Gelb先生   顎関節症・オーラルリハビリテーションコース
2009年 原節宏先生   顎関節症コース
関連・その他医学
1995年 劉宝崑教授 中医学セミナー
1995,1997年 吉田勧持先生 構造医学 原理・臨床コース
他多数の先生の講義 受講
丸茂義二教授主催 丸茂研修会
1990年より   日本歯科大学顎関節症センター長、丸茂義二教授に師事
1993年   ベーシックコース
1995年   アドバンスコース 臨床レントゲン像 読影コース
1996年   咀しゃく側判定コース クラウン総義歯コース
1997年   咬合分析コース
1998年   TMJエキスパートコース
1999年 咀しゃく側判定コース
2002年
2003年
2002年   歯周病講義
2003年   顎関節症の診断と治療コース修了
2004年   総義歯コース
他、丸茂教授 講演会、多数受講
院長のメッセージ

大学卒業以後、国内外の高名な先生方の教えを請い、治療を実践・応用してきました。しかし、歯のみを治療しても改善しない症例に出会い、全身との関係を考えるようになりました。そして構造医学研究所所長・吉田勧持先生より構造医学を学び、日本歯科大学顎関節症センター長・丸茂義二名誉教授に師事し、全身と歯の関係について学ぶに至りました。

それにより日本人には日本人の生活習慣・食習慣に基づいた治療法があると知り、それを修得・応用することにより治療成績が向上しました。

また、最後方臼歯にセラミックを使用した、審美を優先し機能を無視した治療が、巷では多数行われているようですが、当院では審美のみならず機能を重要視した治療を行っております。

口の内側だけを診ていても、本当の意味での治療、そしてもっとも重要な予防にはつながりません。真の歯科治療のためには、全身との関係を考え、生活習慣の改善を行い、全身の健康を見据えた歯科医療が肝要かと考えます。

院長 藤川和久

ページーの先頭へ戻る

医院概要

医院名 藤川歯科
住所 〒569-0814
大阪府高槻市富田町1-8-15 コクリコ富田1F
TEL 072-695-5152
診療時間 月~金 午前10:00~13:00 午後14:00~19:30
土    午前10:00~13:00 午後14:00~17:00
休診日 日曜、祝日
アクセス JR京都線 摂津富田駅 南出口より徒歩2分
阪急京都線 富田駅より徒歩2分
地図

ページーの先頭へ戻る

院内案内

※画像をクリックしていただくと拡大表示されます。

エントランス

全面ガラス張りで開放的なエントランスですが、中の様子まで外に見えてくることはなく、プライバシーに配慮されています。あたたかみのあるライトで落ち着いた雰囲気があります。

受付・待合室

まるでホテルのロビーのような空間。茶色を基調としており、シックで贅沢な雰囲気です。治療を待っている間、ソファーに座ってゆったりとした気分でお待ちいただけます。

個人診療室

個人診療室

完全に仕切られた診療室で、周囲を気にすることなく治療を受けられます。壁の色調・照明にもこだわっており、リラックスして治療が受けられるよう工夫しています。

技工所

当院では院内に技工所を設けて技工物を作製しています。オーダーに融通を利かせることができ、特に色に関しては患者様に満足していただけるものをお作りすることができます。

カウンセリングルーム

患者様のお悩み事をお伺いし、治療プラン、経過、結果をじっくりお話させて頂くカウンセリングルームです。どんな些細なことでもご質問、ご相談下さい。

ページーの先頭へ戻る

設備紹介

当院では、最善の歯科医療をご提供するために安全性の確立した最先端の歯科治療技術を採用しております。

ユニット

優しく体を包み込むような柔らかい質感と独自のフォルムで長時間座っていても快適です。また、ユニットの高さが低く、患者さまの出入りが楽にできます。
患者さまのお口に入る器具類に関しては患者さまごとに滅菌させていただいておりますので、ユニットに器具類が装着されたままの状態は決してありません。

メインテナンス専用チェア

メインテナンス専用チェア

メインテナンス専用のチェアで柔らかい質感となっており、独自のフォルムで長時間すわっていても快適なメインテナンス専用のチェアです。完全個室になっているため、リラックスしてメインテナンスを受けていただけます。

ジェットポリッシャー

歯に付着したタバコのヤニや茶渋、プラーク(歯垢)にクリーニングパウダーを超微細な水と一緒に歯に噴き付け除去していきます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

患者様の皆様のご健康をお守りし、清潔な診療環境を考え、治療の際に口腔から飛散する唾液や切削粉を含む飛沫を吸引除去し、診療室内の空気を清潔に保つ装置です。

クアトロケア―

歯科医院で使用される切削機器は非常にデリケートなものです。しかし、その機器が100%の能力を発揮できなければ満足に治療を行えないばかりか、患者さまの健康な歯を傷つけてしまうことになってしまいます。そのため、切削機器に注油およびクリーニングを同時に行い、常に機器のベストな状態に保つ機械です。

超音波洗浄機

当院では、一度使用した器具類は必ず、超音波を使用する洗浄機で細部に入り込んだ血液汚れなどを徹底的に洗浄し、除去してから滅菌作業に移ります。

滅菌機

当院では感染予防に力を注いでおり、患者さまの口腔内に入る全ての器具は高温・高圧処理された蒸気を使用して確実な滅菌処理をおこない、滅菌に使用した水は再利用しないため常に清潔を保つことができます。
また、器具類は全て個々の滅菌パックに封入して管理します。

歯の測色器

オリンパスが開発した歯の色調を測定する機械です。個人の歯の色は十人十色で、患者さま皆様の天然の歯と色を合わせて被せ物や詰め物を作成するときに自然の歯と同じ色調を再現するために使用する機械です。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープは、これまで肉眼では確認できなかった歯の細部を肉眼の4~20倍の高倍率で確認することのできる実体顕微鏡です。

 

口腔内は暗く狭いため、肉眼で認識して治療を行うには限界があります。肉眼で確認できない部分の治療は、医師の勘や経験で判断しながら進める場合もあるほどです。そのため、健康な歯まで削ってしまうなどリスクがあり、精密な治療を行うことが困難でした。

 

マイクロスコープ導入によって、これまで確認しづらかった口腔内に光を照射させ、歯の細部をより精密に確認できるようになり、治療のレベルを格段に向上させることができます。導入している歯科医院はまだ少ないのが現状です。当院なら、より精密でワンランク上の虫歯治療を実現できます。

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTとは、コンピューターを用いた3D撮影を行う装置のことを言います。歯の位置だけでなく顎の骨の立体的な形態や神経の位置、さらに骨密度の診査などに利用され、視覚的に分かりやすい撮影を行うことが可能です。それによって口腔内や顎の状態をより正確に把握できるようになりました。

 

インプラントの術前検査・術後の位置の確認や、歯周病診断、矯正歯科、その他外科処置の検査において、安全性の高い治療を行うために有効な検査方法として診断に用いています。

 

医師にとっても、患者さまにとっても口腔内の状況がイメージしやすくなるだけでなく、従来の2Dの診断よりも飛躍的に治療の安全性、正確性が向上しました。

ページーの先頭へ戻る