高槻市摂津富田の歯医者|藤川歯科 TOP > 歯周病治療

知らない間に進行する歯周病

「歯みがきをすると歯ぐきから血が出る」
「歯ぐきが赤く腫れている」

このような症状はありませんか?このような症状がある場合、歯周病かもしれません。

歯周病とは

歯周病とは、歯垢(プラーク)に潜む歯周病菌が毒素を出し歯ぐきに炎症を起こし、徐々に歯を支える顎の骨を溶かす病気です。治療せずに放っておくと最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。

初期では自覚症状に乏しく、気付いたときにはある程度悪化した状態であることがほとんど。そのため、日本人の成人の約7割がかかっている、もしくはその予備軍と言われ、歯を失う原因の第一位とも言われています。糖尿病や心臓病、肺炎、早産など、全身へ悪影響を与えることもあるため、歯周病かな?と思ったら早めの対処が重要です。

歯周病チェック

以下のような症状がある方は、要注意。ただの歯ぐきの炎症だと軽く考えず、早めに来院して治療を受けましょう。

歯ぐきが赤い、腫れている
歯ぐきにかゆみを感じる
硬いものを噛みづらい
歯みがきをすると血が出る
朝起きたときに、口の中がネバネバする
急に口臭がキツくなった
歯が長くなった感じがする
歯がグラグラする
歯と歯の間にすき間ができるようになった

藤川歯科での歯周病検査

歯の揺度

歯がどのくらいグラグラ揺れるかを調べます。歯周病が進行してくると、歯と顎の骨の結合がゆるみグラつきはじめます。

レントゲン

歯周病の進行とともに顎の骨が溶かされていきます。レントゲンで撮影して骨の密度を調べ、症状の進行具合を確認します。

藤川歯科での歯周病治療の流れ

ポケット診査

歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)の深さを測ります。歯周ポケットが深ければ深いほど、歯周病が進行していると言えます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導を行い、毎日の習慣から改善していきます。正しいブラッシングを行うことにより歯垢を除去します。

スケーリング・ルートプレーニング

歯に付いた歯石を専用の道具で取り除き、根面を滑沢にし再度付きにくくします。

再評価検査(ポケット検査)

再度、ポケット検査を行い歯周病の進行を確認します。

歯周外科検査(フラッペオペ)

スケーリング・ルートプレーニングだけでは善くならない場合や歯周病が進行している場合は歯周外科手術を行います。

メンテナンス

治療が終わった後、病気の再発を予防する為、3~6ヶ月ごとにメンテナンスを行ないます。歯周病は再発しやすい病気です。再発させない為にはホームケアーによる毎日のお手入れと、私たちの行なうプロフェッショナルケアー(PMTCなど)が必要です。当院では一人一人に合わせた予防プログラムを作成しています。

ページーの先頭へ戻る