高槻市摂津富田の歯医者|藤川歯科 TOP > 予防歯科・メンテナンス

予防こそが最大の治療

虫歯はある程度進行してしまうと治療をする必要があり、その際にどうしても削らなくてはならなくなります。削られることにより、歯は少なからずダメージを受けてしまうことになり、虫歯は治ったとしても歯の寿命を縮めてしまうことになるのです。

健康な歯を保つために大事なことは、トラブルが起きてから治療することではなく、トラブルが起きないように事前に対処することなのです。

予防・メンテナンスの重要性が浸透しつつあります

虫歯治療は、起きている症状に対して治療を施すというあくまでも「対症療法」に過ぎません。対症療法ばかりを行っているだけでは、歯はダメージを受ける一方であり、原因を知り、正しいケア方法を行わなければ何度でも病気を繰り返すことになります。

虫歯を予防するということは、「虫歯についての知識と理解を深めたうえで原因を適切に除去する」ということです。歯みがきの仕方一つにしても、ただ「みがく」ことと「みがけている」ことは違います。「なぜみがくのか」「どうすれば正しくみがけるのか」を知ることにより、さらに大きな違いが出てきます。病気について知ったうえで、適切な予防法を身に付けていきましょう。

お口のトラブルを未然に防ぐさまざまな予防処置

予防歯科ではブラッシング指導や専門的なクリーニングを行って、患者様の口腔内環境の健康を保つお手伝いをしております。

ブラッシング指導

自分ではきれいにみがけているつもりでも、どうしてもみがき残しはできてしまうものです。染め出し液を使って歯みがきのクセやみがき残しの多い箇所をチェックし、正しいブラッシング法を指導いたします。

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を塗ることで歯を溶かす「酸」に対しての抵抗力を高められ、虫歯になりにくい歯を作ることができます。また、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。

PMTC

PMTCとは、専門的な器具を用いて徹底的に歯のクリーニングをする処置です。毎日の歯みがきでは落としきれない汚れもきれいに除去できます。3~4か月おきに行うのが理想的です。

詳しくはこちら

噛み合わせチェック

噛み合わせを調べることで、虫歯や歯周病のリスク・将来トラブルを起こしやすいかどうかを知ることができます。噛み合わせの悪さは、不十分なブラッシングや顎関節症などを引き起こす原因になるからです。

生活習慣の指導

虫歯や歯周病は、実は普段の生活習慣と密接な関係があります。生活習慣や食生活についてヒアリングし、指導して、患者様の口腔内環境をサポートいたします。

定期検診を受けましょう

定期検診を受けることで、お口の中の健康を維持できるのはもちろん、万が一トラブルが発見されたとしても、痛みをほとんど感じることなく簡単な治療で済ませられます。また、歯のダメージも最小限で抑えられ、治療費も安くなります。さまざまな面でのご自身の負担を軽減するためにも、積極的に定期検診を受けましょう。

ページーの先頭へ戻る