高槻市摂津富田の歯医者|藤川歯科 TOP > 根管治療

根管治療で重度の虫歯を治療

虫歯を放置しておくと、歯の神経まで冒されてしまい膿がたまるようになります。こうなると虫歯の末期症状とも言え、抜歯しなければならなくなります。しかし、歯の神経を取る「根管治療」を行えば、なんとか歯を残せる可能性が出てきます。

根管治療は虫歯菌に感染した歯の神経や血管を取り除き、根管の中に薬剤を充填させた後に被せ物をする治療です。この治療により歯の機能を回復させるのです。

根管治療の重要性

根管は、曲がりくねった細いトンネルのような形状をしているため、治療は手探り状態になると言えます。そのため根管治療は難易度が高い治療であり、高い技術を持った歯科医の手によって行われないと、虫歯が再発し「根尖性周囲炎」といって膿がたまり強い痛みを引き起こす場合があるのです。

また、根管治療は家の基礎工事に似たところがあり、どんなにきれいな被せ物をしても、その土台(根管)がしっかりしていなければ、歯は長持ちしません。

根管治療を行う際には、専門の設備が整い、経験豊富な歯科医がいる医院を選ぶことが大切です。当院では、自費治療による根管治療の際に患部を拡大して見ることのできる拡大鏡や、感染防止のためのラバーダムというゴム膜を用い、治療の成功率を高めています。

充填方法について

根管治療には以下の2パターンがあり、当院では歯の形状などで方法を使い分けています。

垂直加圧充填

薬剤を垂直に押し込み、歯の根の先まですき間なく充填させる方法です。

側方加圧充填

根管と同じ長さの固形の薬剤を入れて、専用器具で歯ぐきの横から圧迫させる方法です。

根管治療の流れ

虫歯菌に感染した神経・血管などを除去します。

根管内をきれいに洗浄し、除菌処置をします。

根管内に薬剤をすき間なく充填し、密封します。

被せ物を被せて歯を保護します。

根管治療後のメンテナンス

根管治療では歯の神経や血管を除去するため、歯に栄養が行き渡らなくなり、もろくなってしまいます。そして神経がなく痛みを感じないので、虫歯の再発や進行に気付かなくなる恐れがあります。

そのため、根管治療後は定期的なメンテナンスが大事です。再発防止、もしくは再発してもダメージを抑えるためにも、定期検診をきちんと受けましょう。

ページーの先頭へ戻る